本文へスキップ

カードの力で中小企業を元気にしたい〜Card Seek

Card Seek

Card Seekのホームページへようこそ。ごあいさつ
                   

Card Seek  代表  放送大学 非常勤講師
              小河 俊紀

    

 日本にカードが誕生したのは1960年。
半世紀を超えた今2.6億枚を超えるカードが発行され、年間
53兆円も利用されています。
生活のあらゆるシーンでカードが使え、ポイントまでついて、
本当に便利な時代になりました。
それでも、個人消費に占める現金比率は60%を超え、日本は
根強い現金社会です。

しかし、カードに慣れた外国人が多数来日する2020年東京
オリンピック・パラリンピックにむけて、カードが国策と
なりました。
これからの日本は、明治以来の決済革命が起こることになる
でしょう。

 

 私は、カード草創期の1972年以来 45年間にわたり様々な
立場でカードに関わってきました。

結果、「
クレジットカードとは、個人消費・法人取引を問わず
史上最強のマーケティング、かつキャッシュレス決済システム
である
」との確信を得ました。

とりわけ、法人取引決済を支援するスモールビジネスカードの
将来性に注目してきました。


代表のごあいさつ card seek

総企業数の99%を占め、経済の裾野を支える
中小企業(スモールビジネス)。

 

普段の企業間取引において、
販売事業者の売掛金立替えと
購入事業者の仕入代金後払いを同時に実現
し、売り手、
買い手ともに資金繰りを円滑化するカードを
「コマーシャルカード」、または「スモールビジネスカード」
と呼びます。

カード先進国アメリカで、21世紀に入って爆発的に増加して
おり、現在約4,000億ドル規模にも達しております。

Packaged Facts報告書

日本にも、今後急速に波及すると予測されますが、日本の社会
インフラや商慣習に適合した独自のビジネスモデルが必要です。
それが、2007年に特許を取得した
カード売上連動の仕入れ
与信システム
CLCS(クルクス)です。
先駆的なFinTechそのものです。


Credit Line with Card Sales】
CLCS(クルクス)

「CLCSの実用化で、日本を元気にしたい」
Card Seekは、夢の実現に挑戦しています

pazuruworkskynotepc

                     

copyright©2012 Card Seek all rights reserved.
Created by Makiko Ogawa